FXは外国為替を扱う取引

FXというのは外国為替証拠金取引のことを言います。
外国為替証拠金取引というのは取引する業者に対して証拠金を預けることにより、証拠金よりも大きな額の取引をすることができます。
外国為替証拠金取引においてレバレッジの存在というのは大きいものになります。
レバレッジに関しては25倍までかけることができますので、証拠金が4万円でその25倍の100万円までの取引を行うことができます。
FX取引において注意していかないといけないのはレバレッジを大きくするというのは取引において大きな利益を得ることができますが、その一方で大きな損失を被ることがあるという点には注意したほうがいいでしょう。
レバレッジのリスクは即ち外国為替証拠金取引におけるリスクにつながってきます。
どれだけ損をしてもいいのかということを考慮しながらレバレッジを決めていきます。
外貨預金であれば他通貨を購入するところから始める必要がありますが、FX取引であれば外貨預金と同様に他通貨を購入することから始めてもいいですし、他通貨を売るところから始めてもいいので、円高でも円安でも利益を得るチャンスがあります。
外貨預金に比べると幅の広い取引を行うことができます。
そういうところも魅力になります。
円安が期待できるということであれば、通貨を購入して円安になったところで売却すると利益を得ることができます。
これは買ってから売るというわかりやすいパターンになります。
逆に、円高が期待されているということであれば、通貨を売却して円高になったところで買い戻すことによっても利益を得ることができます。
これは売りから入ってあとから買い戻すというパターンになり、このことを空売りと言ったりします。
一般的に利益を得る手段としては為替変動によって得られることになります。
為替変動によって得られた利益のことを為替差益といい、その逆の損失のことを為替差損と言います。
為替レートの変動というのは利益を得るために動向を追っていく必要があります。