スワップポイントとは

FXで稼ぐ手段として為替レートを利用して為替差益を利用するというのが一般的になりますが、もう一つの稼ぐ手段としてはスワップポイントを利用してちょっとずつ稼いでいくというものもあります。
スワップポイントというのは通貨ペアの金利差を利用して利益を得るというものです。
日本の金利は超低金利ということが言われていますので、金利が高い通貨を購入し、日本円みたいな金利が低い通貨を売ることによって利益を得ることができます。
ポジションを維持すれば維持している期間分だけのスワップポイントを得ることができます。
例えば豪ドル/円の通貨ペアで豪ドルを買うという取引をしたことにします。
この時の豪ドルの年利は5.0%、円の年利は0.25%とします。
このとき豪ドルを買うということは円を売るということになりますので、5.0-0.25=4.75%のスワップポイントを受け取ることができます。
先程の4.75%のスワップポイントは年利計算になりますので、ポジションを持ち続けた期間分だけ日割りで得られることになります。
豪ドル/円やニュージーランドドル/円という通貨ペアが人気があるのはスワップポイントによる利益が狙えるからです。
日本は超低金利ということですから、外貨を購入することによってスワップポイントが入ってくるということがあります。
為替差益と共にスワップポイントも狙える状況であれば、利益を得る可能性がより高くなります。
スワップポイントで注意しないといけないのは、スワップポイントを受け取るという可能性もありますが、外貨を売って円を買うという場合にはポジションを持ち続けた分だけスワップポイントを支払う可能性が出てきます。
スワップポイントというのは各国通貨の短期金利を参考に決定しています。
同じ通貨ペアであっても業者によってスワップポイントが異なるというケースもありますし、短期金利は日々変動していますので、スワップポイントは日々変わることがあるという点も理解する必要があります。

池袋で金券を高価買取
金券販売商品の一覧をご覧ください。